タグ別アーカイブ: ダウンスイング

IMG_3566

magicoGOLFゴルフレッスン第6回スイングバランス編

第6回のテーマは、『スイングバランス』について!
どのように構えるか?(アドレス)
どのように振り始めるか?(スイング始動)
どうのように上げるか?(バックスイング)
どのように振りおろすか?(ダウンスイング)
どのように当ててるか?(インパクト)
どのように当てたあとに振りきるか?(フォロー)
どのように終わるか?(フィニッシュ)

以上がゴルフに於いて語られる代表的な事柄を時系列で並べてみました。

そもそも『ゴルフの目的』は、カップの中にボールを納めること!
その為に狙ったところに打つ為の技術をつける!
狙ったとこに打つにはミートする必要がある!
ミートするにはアドレスの位置の再現がテーマになってきます。(厳密にいうとアドレスとは少しちがいます)

突きつめて追及していくと、ゴルフに於いて重要なことは『再現性』であると筆者は思います。

いつも同じルーティンで、構え(アドレス)に入り、同じバックウイング、トップ、ダウンスイング、フォロー、フィニッシュと繋がれば自ずとショットは安定してくるはずです。

その為に、必要なのは私は『スイングバランス』 だと思います。

以下、バランスが悪い例を4つ上げてみました。

IMG_3562

IMG_3553 IMG_3545 IMG_3538

バランスが良い=倒れない!
このNG集は均衡が保たれてないのはわかりますか?

体重が、左右の足のどちらかやかかとやつま先に乗ったり移動したりする中で均衡を保つことが重要であると思います。

各パーツでバランス良く!をイメージしてみてください!

IMG_3316

magicoGOLFゴルフレッスン第1回(セットアップ編前篇)

『ヒトが本来持つシンプルな力をを利用する』
magicoGOLFが一貫して伝えたいこのコンセプトは、そのままゴルファーの上達や技術維持に必須なものといえます!

基礎~応用編までゴルフレッスンと題して、皆さんに情報共有したいと思います。

1、セットアップ編前篇
ポスチャア(構え)、グリップ、ボールの位置、アライメント(方向性)からなるセットアップは、ゴルフスイングの良し悪しの80%を決めると言われています。セットアップは体でコントロールができます…(中略)…全ての緊張を解いた運動する前の状態です。(以上USGTF公式指導書抜粋)

ゴルフのスイングは、静止状態のアドレスが、動きのあるスイングのことを決めてしまいます!逆に言うと動いている途中を治すよりも静止状態でエラーを無くす方がより簡単で、かつ理に適っていることが圧倒的に多いことを私は自らの体験から学びました。

それを検証しつつ、1つずつ基礎を見直してみましょう。

1)姿勢(ポスチャア)について
〇股関節から上半身を前傾させる+胸を張り姿勢を正す!
⇒その狙いは自然と上下動しにくいスイングをつくること。
バックスイングで伸び上がり、ダウンスイング沈み込みすぎる…いわゆるギッタンバッコンの体の上下動を防止する事前予防策です。

こんな感じです!

IMG_3301

×お腹からまげてしまう!
と猫背になりこんな感じに。


IMG_3298

2)手のポジション
⇒×アドレス遠い
IMG_3304

〇肩から真下に腕を下ろす!&手は体の近く

IMG_3318

今回の姿勢のポイントをまとめると
1、股関節から前傾すること!
2、手の位置を肩から真下に!
この2つができるとかっこいい構えになるので是非ともチャレンジしてみてください!!

IMG_3316

次回(第2回)は、グリップ、ボールの位置、アライメント(方向性)をテーマにしていきたいと思います。